読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

森友学園問題のこと

ごちゃごちゃになってるけど、わかりやすい解説があったので覚書き。

首都大学東京教授 木村草太氏が話す

森友学園の本当の問題点

?政府側が記録を全て捨ててしまった

?記録がないので籠池氏側の証言を崩すためには彼が嘘つきだという人格攻撃をせざるを得なくなり歯止めがきかなくなった

?仮に籠池氏が清廉潔白な人でなかったとしても国家権力が総出で一私人の人格を攻撃を行うというのは常軌を逸した対応である

?問いただすべきは土地価格を決めたり認可をした政治の側である

?適正に文書が残されていない事そのものの責任を問うべき

?誰に責任があるかわからないのであれば、わからなくした人の責任

?理財局長は契約締結の段階で交渉記録を破棄、面談記録を残さない、というのは証拠隠滅と言われてもやむを得ない

?今回は非常に異例な点が多く、事後的な検証がなされ得る事は容易に想定できたはず。その記録が全くないのは非常に不自然である

?もしこれで良いという規則なのであれば規則を作った人、財務大臣の責任を問うべき

?疑惑が解明できなかったとしたら、財務大臣が辞任する覚悟で、この事案を解明すべき

(報道ステーションより)