読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4花受粉(笑)!

昨日の受粉忘れを見つけてしまった…。

まだ花の捜索慣れしていない…(笑)。

で、今日はバラエリアも除草に取り掛かる!

実にやりたくなかったのだが、やむをえまい(笑)!

アイテテテ・・・。

案の定、バラの棘は軍手を容易く貫く。

ズボンはコーデュロイで穴は空きそうにないもの。

ジャケットは不良ジッパーの再生品で、穴が空いても問題のないもの。

棘に触れない様に地面を這うように手のひらを動かす。

手と顔以外なら棘に触れても大丈夫だ。

地道だったが終わって良かった(笑)。

雑草抑えに厚くチップを撒きたいものだが、チップはない…。

そのチップは…、実は問題発生中とのこと。

詳しくは明日の日記で(笑)!

炭素循環農法 教科書シリーズ

---------------------------------------本文始め

http://tanjyun.web.fc2.com/etc/matome.html#ku

雑記1

空と念仏、唱えてみても

(五段落目)

「空=ある“もの”」それは、エネルギー。“光”のエネルギーです(物=電磁波ではない)。そして“光”は“いろ”。“いろ”は“数”(量ではありません)。“光=いろ=数”この3つは絶対的関係にあり、全く同じ“もの”。バイオダイナミック農法の提唱者、ルドルフ・シュタイナーが見ていた“もの”。過去多くの人々が天使や菩薩などとして見ていた“もの”。9種類のエネルギーです。実際に「在る」“もの”ですから、見ようと思えば誰でも見られます。勿論、今では見る方法も、心の満たし方も分かっています。

---------------------------------------本文ここまで

“もの”など“…”で括られた内容は、アチラのものを指しているとのことです。

ですから、“光”とか“いろ”とかは通常は見えないもののようです。

その見方は「心=“光”」をご覧ください(笑)。

オカルト的には「オーラ」と呼ばれていて、人や植物など様々な生命体から発せられるもの…ではないかと想像しています。

そのエネルギーの大元は全宇宙から届きます。

太陽もそのエネルギーを目に見える形に媒介しているものの一つです。

もし現在の人類が水素の固まりで人工太陽を作ったとしても、大爆発して一瞬で燃え尽きて終わってしまうことでしょう(笑)。

なにかカラクリがあるから何十億年もゆっくりと輝いていられるのではないでしょうか。

そして心の満たし方…「調和法」と呼ばれているものですね。

それも「心=“光”」をご覧ください(笑)。