読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハッピーバースデー☆

     おじいちゃん家の前の歩道の街路樹の下に生える草をなるべく取るよう

    にしている。昨日も小さな草の芽をせっせと取っていたら、亡くなったおば

    あちゃんのお友達が通りがかり、「まぁ〜、きれいにするねぇ〜。さすが親

    子だねぇ。おばあちゃんも好きだったもんねぇ〜」と声を掛けてくれた。いや、

    好きでやっている訳じゃないんだけど…(笑)

      うちはおじいちゃんが「昔はどこの家でも自分家の前の道端の草くらいは

   取ったもんだ。皆でちょっとずつ取れば、少しはキレイになる…。最近は誰

    もやらんなぁ…」といつも言っていたし、おじいちゃんが元気な頃はおじいち

    ゃんがせっせと取っていたのだ。

      おじいちゃんが一時動けなくなった時、みちこさんもおじいちゃんの世話で

    手がいっぱいだったんだけど、段々増えていく道端の草が何だかとっても悲

      しくて、みちこさんが取る事にしたのだ。それからは通る度にチェックして生え

     ていたらチョイとつまんでおく。いつも取っていると大して生えてこないのだ。

     雪もそうだ。雪が積もったら、自分の家の前とおじいちゃん家のまわりの雪

    かきをする。これもおじいちゃんが「皆が自分家の周りくらい雪かきしたら、道

    路を歩く人がずーっと楽に歩けるのにね」と言っていたので、するようになった。

 

     この冬も歩道の雪かきをしていたら、最近引っ越しして来たTさんが「みちこさ

    んの方は雪かきの当番があるんですか?」と言うので「いやいや、ここはみちこ

    さんの実家なのよ〜」と言うと「あ〜」と言って笑っていた。もう、そんな感じよね。

   当番でもない限り誰もしない。どっちがいいとか悪いとか、そんな話じゃないけど

   ね。時代が違うのよね。

     うふふ。そうか〜、おばあちゃんも草取りしてたんだ〜(笑)子供は記憶になくて

    も、親が生きてきた様に生きて行くのかもね。もしこの先、ピヨコがビックリする様

    な事をしても、きっとそれはみちこさんの生き方の一つもしくは変形なのかも(笑)

    冷静に受け止めて、自分の反省材料にしなくちゃね(笑)

      ピヨコは今日で22歳になりました。ピヨコ、おめでとう〜

    今年は岐阜で実習中だから、帰ってきたらケーキでお祝いしようね〜♪