読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

納品の完成度

昨日の納品もレベルが低いのに、サキサマはご満悦だった。

雑な仕事で荒稼ぎ。私がお金を払う側なら腹が立つだろうなあ。

人事異動でたまたまその仕事に就いている人は上辺しか見ていないのか。

例えるなら………家電みたいな感じだ。

私が子供の頃の家電は、今よりも耐久性があった。長く使う前提で生産されていたように思う。

今は故障しやすい家電ばかり。数年で買い替えを前提にしているような気がする。気のせいかしら。

数年で買い替えるメリットを無理やりこじつけることはできるように、私の雑な納品も、相手が喜ぶことをするのが仕事なら、これで良しなんだろう。私にストレスもないし。

ドラマ「火花」に登場する芸人に重なるなあ。大衆に受け入れてもらうために、やりたい芸を封印する駆け出しの芸人。

その芸人が心酔するのは、テレビ局が拒否しながらも、面白い芸を貫き、たまたまその芸を見たオーディエンスを引き込む芸人。偉いプロデューサーよりも、心酔する芸人に会うほうを優先していた。

今度の納品は金曜。

長持ちしない、けれど一時的に快適ならそれでいいなら、今日と明日は納期の無い仕事に存分にいそしめる。