読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻め3:左右からの攻め

攻めの概念としては、中心を取り攻めグググッと入り相手が動こうとしたところを捉える。その間には、溜めや誘いなどのプロセスがあるが、しかし、一瞬、気持ちに隙が起これば相手の機会となる。

「中心を取り攻めよ」との教えに、少し逆らった攻めを考えてみよう。中心とは、こちらが取れば、相手も打たれまいと集中し、そして中心を取ってくる。この状態では「崩す」、「引き出す」等があるが、乗ってこない場合もある。

「誘い」もあるが、ここを誤れば打たれてしまうので、大概が、それは嫌だとの思いから、ここから打ってしまい、面に乗られたり、出小手や返し胴でやられてしまう。

この言うことを想定し、どうすれば自分が優位になるか、それには、中心を取るのを一旦止める方法がある。中心を攻めるから相手は守ろう、隙を突き打ってやるぞと言う気で構えているが、中心を一旦はずしたりすると、意外と好機が巡ってくる。

人は、想定外の動きをされると、それに対応するために一瞬脳内がパニックとなる。本来は、それも攻めと言うのだろうから、決して邪道ではない。そこで、右、左からの攻めを考えてみました。

右からの攻め

ア)右から剣で攻め竹刀を押し返してくるなら裏を取り小手、攻め返してこなければググッと相手の竹刀を抑え込みながら乗るか払うかして面。

その際、小手を打たれる場合もあるので、うかつに打たず充分に気を練る。相手が小手に来るのを想定して置けば、小手を誘いすりあげ面、相小手面もある。小手抜き面よりも、この技の方が評価が高い。

イ)剣を相手の竹刀に滑り込ませるように、相手の竹刀を抑えながら、右足をゆっくり、やや右前に出し鍔元を抑え攻めて行く、相手はこちらに向きをに直すところに間が開く、直ぐにこちらに向くが、そこに打突の機会である。しかし、それは一瞬の間、相手は直ぐに構え直す。

しかし、心理状態の中では、何を仕掛けてくるかと嫌がる。この嫌がることをするのも攻めで、このやや右に捌き攻めれば打ってくるのでそこを相面に行く。また、試合で避けるが右半面はがら空き、そこを狙い打突する練習もしとくとよい。

相手が嫌がる心理的要素に、驚擢疑惑(きょうくぎわく)がある。これは、相手と対峙したときに起こる心の動揺や心の動揺を抑えきれない状態。驚いたり、擢(恐)れたり、疑ったり、惑ったりする心の状態で、四戒、四病ともいい、これをいかに制御するかが重要である。このように、右からの攻めや左からの攻めの工夫、足捌きも稽古でしておくとよい。大人になると足捌きの練習はしないが、意外と効果があるので、このような地味な練習でもしておくとよい。

左からの攻め

ア)左には予め竹刀3本分約9cm左に寄って構えも低くしておく、相手の中ゆいに剣先の上が引っ掛かる程度に構える。こちらの竹刀が低ければ、相手の手元が動ごき竹刀が上がるのが解るので、わざわざ、こちらの竹刀が相手の竹刀を避ける必要はないので時短が完成する。

そのまま、その位置から直ぐに小手を抑えられる。また、裏すりあげ面も打てる。裏すりあげ面は右に行くようにすれば打ちやすい。

イ)相手と対峙する際、攻めながら左足を、円を描く位置に置く、右足と平行になるように少し左前に出して構える。その際、右足は動かさないので相手はこちらの位置取りが見えていない。そこから、右足を少し前に出せば、そこは既に打ち間の位置になっているから、相手は慌てて打って来るので、こちらは落ち着いて、出ばな、すり上げ、返しを打つ。

右足リードでの攻め

触刃または交刃まで詰め、その後は竹刀を下から攻め、ゆっくりと右足を出し突くように左手で打つ。こちらが先に仕掛けるから、相手の動作は一瞬遅れるので、相面、または出頭の面となる。

下から竹刀をギリギリまで上げず1拍子の面で入ってくるので、相手が小手を打つも打突部位には当たらない。右足を上げないので、踏切足となり、腰が乗った綺麗な面が打てる。この際には左かかとは付けておくとやり易い。

ア) 触刃のから右足と腰から剣先を相手の突気に付けるようににスッーと入る。相手は一瞬送れ対応しようとする。そこを1拍子の面、出頭の面となる。

イ) 一足一刀の手前から右足をスッーと出し、少し溜めて相手が来るところをエンジン全開で面。溜が解らない人は、この方法を練習すると溜が攻めだと言うことが解ってくる。

ウ) 一足一刀のところから剣先を上げずに右足をスッーと出すと同時に面。剣先が突きの軌道で来るから一瞬ためらう、その一瞬がこちらの機会である。

簡単に左右からの攻めと、右足のリードでの攻め、いろいろと研究して行くと、如何に剣道の指導の誤りと、言葉足らずでの理解をさせようとすることで、誤解や違ったニュアンスで受取り、結局、分からないままの状態が多いかがよく解ります。

子供達への指導は、このノウハウや、その理論を理解し、それを正しくコメントでき理解させられるか、それが出来ないのであれば、子供指導はしない方がよいと思う。剣道は、子供指導においては、寧ろ知識のない高段ではない先生がする方がよいのかも知れない。