読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見える化

見える化」という言葉が、嫌いだ。

見える化という言葉が好きな人は、実際のところは「目に見えるものだけ見て全てが分かったような気になっている奴」だらけだからだ。

この世の中には目に見えないものが沢山ある。例えば、人の精神状態なんか、外から見るだけではなかなか分からない。そもそも現代の科学技術を以ってしても観測できない事象なんか、腐る程ある。と言うか仮に科学技術で観測可能な事象でも、我々人間の目では捉えられるのは、そのうちのごく僅かな事象のみだ。

そんな訳で、この世の中には、目に見えるものよりも、目に見えないものの方がずっと多い筈だ。だから、我々が生きて行く上で、目に見えないものを見ようとする努力が大切なのだと思う。

そういう努力を放棄すると、例えばテストの点数だけで子供を評価する親とか、売上高だけで社員を評価する上司とか、そういう詰まらない人種になっていくのだと思う。

余談だが「見える化」とかいう気持ち悪い言葉に違和感を覚えない人は、ちょっと言語能力に問題があると思う。「動詞+助動詞+化」なんていう乱暴な用法、他に無いだろ。