読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

身体醜形障害

中学2年生が一番最悪な状態だった。本当に、どうしてこんな目に合わなきゃいけないのかと運命を恨んだし、住んでるマンションから飛び降りたら死ぬかな、風呂で首を絞めたら死ねるかな、こんなことまで考えたこともあった。そして、後々鬱の直接原因になる、身体醜形障害完全に悪化させ、間違った認知を後押しさせ、食欲不振になり、とうとう気を失って倒れてしまったこともあった時期。中学2年生、記憶からなくなってほしい、人生で一番悲しかった一年間