読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大輪の牡丹が香る石光寺

快晴のGW、奈良県葛城市にある牡丹の美しい石光寺を訪ねました。

 

石光寺は、天智天皇の時代、光を放つ土地を掘ったところ、光かがやく弥勒三尊の石像が出てきました。そこで勅願により、役小角が堂宇を建立し石光寺と称したのが起こりといいます。

 

また、当麻寺に伝わる「当麻曼荼羅」を織ったとされる中将姫ゆかりの寺で、境内に蓮糸曼荼羅の糸を染めたという染の井があり、寺名は別称染寺(そめでら)と称します。

 

石光寺は牡丹の名所として知られ、500種、4000本の牡丹が咲き競います。ちょうど見頃を迎えた牡丹がとても美しく、境内は香りに包まれていました^^

 

長谷寺のように人が多くなく、無料駐車場もあってめっちゃ綺麗だから、お近くの人はぜひ訪ねてみてね♪