読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Diamond Princess 1−2 船内探検 その1

 

お昼は14階のHorizon Coutへ行ってみた。

Horizon Coutはビュッフェで好きなものを選ぶことができるが、アメリカンなごはんである。

食後は船内探検、まず、船尾の17階のスカイ・デッキに上がってみる。

 

船尾方向、右舷船首方向、左舷船首方向を見る。

 

さらに18階まで上ると、相当高いところに立っていることがわかる。

 

スカイダックの水陸両用バスがやってきた。

一度は乗ってみたいものだ。

船内に入る。

まず、何回か使うであろうコインランドリーに行ってみたが、想像していたより洗濯機の数は少ない。

各フロアにあるのだが、このような数で足りるのだろうか。

 

洗濯機や乾燥機は、トークン販売機でトークンを購入し、利用する。

洗濯・乾燥は各$3、洗剤や柔軟剤は各$1.5である。

洗剤や柔軟剤は持ち込んだが。

 

船体中央部にあるGrand Plazaは、5階から7階までの吹き抜けである。

ここで様々なイベントが行われる。

5階には図書室があるが、蔵書数はさほどの数ではなかった。

 

中央部の14階のリド・デッキに上がってみる。

ここには「Movies Under the Stars」があり、夜は映画が上映される。

アイスのスタンドがあったので、ひとついただいてみる。

 

16階のスポーツ・デッキにあがってみる。

船首方向を見ると正面はThe Sanctuary(有料の大人エリア)がある。

 

スポーツ・デッキには、なぜかこのような鐘があったり、15階のLap Poolを見下ろすと仏像が鎮座している。

欧米人から見た「日本らしさ」を狙ったのであろうか。

 

15階サン・デッキからも、横浜三塔(左からキングの塔(神奈川県庁本庁舎)、ジャックの塔(横浜市開港記念会館)、クイーンの塔(横浜税関))を見ることができる。

また、横浜海上保安部も見える。

操舵室は、船体からかなりはみ出していて、シュモクザメのようだ。

16時から参加が義務付けられている避難訓練がはじまるので、いったん部屋に戻る。

アナウンスがあり警報が鳴ると、船室に備え付けられているライフジャケットを持って(装着方法は教わっていないし、狭いドアではひっかかる)、定められた集合場所に向かう。

私たちの集合場所は「F」、7階の「Club Fusion」であった。

エレベーターは使えず、私たちの部屋の脇にある非常階段を降りる。

「Club Fusion」で、避難方法の説明、ライフジャケットの装着をためして、約30分で終了。

10階にあがってライフジャケットをしまい、ふたたび7階に戻って出港セレモニーを見物することにする。